スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NFL

2年生のYoshiです。
2年生秋学期の授業は、選択したクラスにもよりますが大体12/5あたりで終了しました。
その後の一週間は先日Shigeの投稿で紹介されたField Consultancy Weekということで、顧客訪問・ミーティングなどを中心にして過ごしました。
そして遂にWinterBreakに入りました。
1年生も明日の試験で最後ですね。お疲れ様です。

ということで、かねてより一度は見てみたいと思っていたNFL観戦に出かけました。
NFLとは、ご存知のとおりNational Football Leagueの略でもちろんサッカーではなくアメフトです。
渡米当初はルールも全く知らず興味もあまり無かったのですが、何度かWilliam and Maryのアメフト観戦をするうちに
(学生はタダで観戦できます。)好きになりました。

さて、NFLですが残念ながらVirginiaにはNFLのチームがありません。Virginiaで残念なのは野球やバスケットボールを含めてメジャーなプロスポーツチームが全く無いことです。最も近場でも2~2.5時間掛けてWashington D.C.まで行かなければいけません。
フットボールもDCではRedskinsというチームがあるのですが、12/16はAwayゲームのため今回はメリーランド州のBaltimoreまで出掛けました。

チケットはTicketMasterやStubHubというチケット売買サイトがあって、こちらから購入するのが主流のようです。
しかし驚くほど高額です。1枚150~500ドルといった感じでした。あまりの高額に驚き、調べているとEbayでもチケットが売り出されており、比較的安かったのでEbayで落札することにしました。
結果は1枚100ドルで購入することができました。ただ、自宅までチケットを引き取りに来いということで、試合当日にチケット回収に行き、その後スタジアムに向かいました。
意味無く昼ごはんをゆっくりと食べ、1stQuarterの半分を見逃しましたが、凄かったです!!!
スタジアムのスケールが、William&Maryとは訳が違います!
席は、ゴール後ろの最上段近くでしたが、スタジアムじゅうがBaltimoreRavensのチームカラーの紫でした。
2012-12-16 13.37.28 (Small)


プレーも、面白いようにパスが通る、そしてディフェンスの間をすり抜けて華麗に走るというWilliam&Maryの試合とは訳が違います!
残念ながら試合結果はRavensの大敗で、地元ファンと見られる周りのファンたちは3rd Quarterあたりからゾロゾロと帰り始めました。”See you next week"とか言っていたので毎週来ているんでしょうね。
2012-12-16 15.33.55 (Small)


試合終了直後ですが客席はガラガラです。
2012-12-16 16.00.44 (Small)



帰りはDCで焼肉を食べて無事往復6時間の旅を終えて帰宅しました。
8時出発、12時帰宅とハードでしたが最高に楽しい一日でした。
最後に、超個人の趣味ネタですいません。。

スポンサーサイト

NASCAR

新年度になり2年生になりましたYoshiです。

1年生のHashiさんに早速ブログへの書き込みをして頂きましたので私も久々に書き込みしてみます。

本日、9月8日土曜日、Williamsburgから1時間位のRichmondにあるRichmond International raceway にて開催されたNASCARの観戦に出かけました。

レースは7時半開始だったのですが、駐車場が非常に混雑するというのと、イベントの際にはお決まりのTailgate Partyをするということで、2時半くらいには現地に到着しました。アメリカ人は本当にBBQが好きです。私もこちらへ来てからいろいろな人に何度ご馳走になったか分かりません。クラスメートの一人は、ここでのTailgate Partyでひとしきり遊んだ後に、レースを観戦することも無くWilliamsburgでのFootballの前のTailgate partyへ向かいました。
tailgate party


今回はクラスメートの一人が特別なルートでチケットを入手してくれたため、$25という格安で入場することができ、レース前にPITやコースを見学することもできました。大変貴重な経験でした。
RIMG2342_mini.jpg
RIMG2343_mini.jpg


レースが近づくにつれ天気が悪くなり、かなりの豪雨に見舞われましたが何とか雨も上がり、1時間半遅れの9時にレースが開始しました。レース開始前にはコースを乾かしていたのですが、轟音をあげながら飛行機のジェットエンジンで水を吹き飛ばして乾燥するという光景に文化の違いを改めて感じました。
RIMG2363_mini.jpg

その後10時半ごろには再度雨が降り出し、レース終了まで観戦することはあきらめ解散しましたが、オーバルコースを400週ひたすら回り続けるという独特の感覚を経験することができ、大満足の1日でした。

テーマ : ライフ
ジャンル : ライフ

Guidebook

Class of 2012のTakkです。
ふだんの勉強に有用な参考書についてはどなたかが書いてくれると思いますが、旅行好きな私がお薦めするガイドブックはこれです。
『旅名人12ワシントンDC/バージニア/メリーランド第2版』

これを事前に読んでおくのとそうでないのとでは、ここで過ごす生活の充実度が全く違います。
最新版は2006年とやや古いですが、その古さを補って余りあるほどの充実度だと思います。
(私と妻はここに来てこのガイドブックの存在を知り、わざわざ日本から送ってもらいました。その後はこの本が周辺散策の必携になりました。)
新刊は既に販売停止のようですから、アマゾンその他の中古品でもいいのでぜひ入手してみてください。

それでは。

Taiko(太鼓)

Class of 2013のShigeです。
今日はちょっと精力的に書いています。

さて、今日は1年生3人でWilliamsburgから車で1時間弱のRichmondにある
University of Richmondに行ってきました。途中雪が降り出しましたが、
それは気にせず14時の約束時間に大学に到着。
目的は太鼓演奏の見学でした。
Virginia州で太鼓の演奏を見るとは思いませんでしたが、生演奏の迫力は
素晴らしく、3人とも圧倒されてしまいました。

Taiko

この太鼓は、1年生のTomさんが探してくれたもので、今月末に行うMason
BusinessSchool初のJapan独立イベントで紹介する予定です。

今年うまくいけば、来年も実施できますし、他のBusinessSchoolにも
遜色ない活動となるでしょう。もちろん、他校に負けない内容を授業の合間を
縫ってみんなで作り上げています。これについては、またの機会に報告します。

あ~雪が積もってきちゃった…。
明日(というか今日)月曜は、Presidents'Dayで1年生はお休み。なぜか
2年生は授業があるようですが、あの積もりようだと休講かもしれませんね。
ん?ゴミの収集はあるんだろうか。
それではおやすみなさい。

WinterBreak

Class of 2013のShigeです。
2学期期末試験が無事?終わったので、お約束のWinterbreakに行きました
Mexico&Cubaについてです。
ちなみに3学期が始まって2週間経つと、Springbreakという10日間程度の
お休みがあります。私は、1年生のYoshiから「Shigeは休みは家におらへん
もんなぁ」と関西弁でいじられつつもItalyを見てくる予定ですので、それは
またご報告します。

ちなみに国外に行くときにはI-20という書類に、RevesCenter(国際
センターのようなもの)からサインをもらう必要があったりこまごまと
処理がありますが難しくはありません。お教えしますので御質問ください。

さて、WineterBreakは12月22日~1月15日まででした(2年生はもう少し長い)。
私はこのBreakを3moduleに分けまして(授業みたい!)、第1Moduleは日本
からの友人の接待、第2Moduleは日本からの家族の接待、そして第3Moduleを
1月6日~1月13日と設定してMexico&Cubaに行きました。
Mainの目的地はCubaで、国交の関係上USからはMexicoかCanada経由が必要
なので、同級生のMexicanに会う予定も入れて両国視察としました。
MexicoはMexicoCityに行きました。ここでは友人宅を訪問しましたが
かなりの富裕層であり、一方郊外のピラミッド見学に行く途中の山肌にある
バラックに住んでいる地方の農民出稼ぎの貧困層をみて、そのGapに驚くと
同時に、この貧困層の不満をうまくControlできないと現政権も危ういなと
思いました。

<ティオティワカン遺跡>
Mexico

3泊のMexicoCityを経て、3泊のCubaへ移動しました。
Cubaへは、TouristCardというVisaと日数分の保険に加入することが必要です。
CubaはTourに入らず個人でHavanaをうろつきました。
温暖な感じは沖縄と同じですが、Spanishしか基本通じないのと、外人用と住民用通貨が
2つあったりとかなり難渋する旅でしたが、Tourに入らないおかげで現地住民との交流が
でき、社会主義と言っても人間は上昇志向があり、競争を排除するシステムには限界が
あるのかなとも感じました。ともあれ、革命博物館などをみると、革命前の貧富の差は
激しく、革命という手段の是非はともかく、革命で餓死するような生活から人民が脱却
できた事実はあり、革命後はそれ以前より幸せな生活があったのだろうと感じました。

<革命広場>
Cuba1

という感じで、お気楽な視察を考えていましたが、Mexicoも貧富の差を解消しないと、
中東ではありませんが人間の怒りは底知れぬものがあり、革命も起こりかねないなと
感じると共に革命となっても必ずしもその後長い目で見たとき幸せかはまたわからないなぁ、
Economicsももう少しきちんと勉強しなきゃ、などと頭をフル回転させる旅となりました。
勿論、テキーラとモヒートでリラックスもしましたが

他の方々もフロリダやヨーロッパなど各地に向かわれたようです。
ともかく、授業を出て色々経験できるのもMBAプログラムの良い点だと思います。
プロフィール

mason.school

Author:mason.school
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
御来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。