スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休暇の過ごし方(Black Friday)

Class of 2012のTakkです。
Thanksgiving Dayの翌日金曜は別名「Black Friday」。
アメリカの年末・クリスマス商戦の幕開けでもあるこの日は、多くの商品が期間限定特価(定価の半額以下)で売り出されます。

私は妻と、ブランド物のバックや衣類を買うべく、木曜夜11時過ぎからPremium Outletに出動しました。
(大学から車で15分の距離にあるこの大型アウトレットは、歴史ある街並みばかりが注目されがちなWilliamsburgの新たな魅力でもあります)
ところが、多くの店で大特価品を求める長蛇の列で、精算完了までに一苦労。
眠さと寒さとの戦いでした。

お店にもよりますが、「金曜当日の朝10時までは更に20%OFF!」なんてところもチラホラあります。
特にお目当てのものがあるならば真夜中から並ぶことも覚悟しなければなりませんが、そうでなければ時間をずらして(たとえば金曜早朝に)出かけると、駐車場も比較的確保しやすいし、少しは落ち着いてお買物もできるようです。

それにしても・・・周りはみんな特価品を買うのに夢中だからとはいえ、真夜中に女性が一人で歩いていても危険を感じないなんて、ここはホントに治安のよい、住みやすいところだと思います。
それでは。
スポンサーサイト

休暇の過ごし方(Thanksgiving Day)

Class of 2012のTakkです。
11月第4木曜日はThanksgiving Day。
日本ではさほど馴染みがありませんが、アメリカでは普段は遠くに住んでいる家族が一堂に会してturkeyや伝統料理を囲む、とても重要な日です。

ちなみに、アメリカで最初にThanksgivingを祝うイベントが行われたのが、大学から車で20分程度の距離にあるBerkeley Plantation。1619年のことだとか。
この辺りにはColonial Williamsburgをはじめ、古き良き時代のアメリカを体感できるところがいろいろあります。

さて、このThanksgiving Day前後は学校も休みとなり、全米規模での「民族大移動」が始まります。
混雑した場所が苦手な私たちは昨年も今年も遠出をあきらめ、大学の留学生支援センター(Reves Center)の紹介で、アメリカの一般家庭のThanksgiving Partyにおじゃまさせてもらいました。
IMG_3454.jpg

ご主人がいつも愛飲されている赤ワインとともに、アメリカの家庭の味を堪能することができました。
それでは。

休暇の過ごし方(1年生Fallbreak)

Class of 2013のShigeです。
ブログ立ち上げ当初なので、若干古新聞の感もありますが、10月上旬のFallbreakについて。
ともかく8月上旬から学校と家の往復しかしていなかったこともあり初の試験が終わって、
ここからどこかに移動したいという気持ちと、試験を乗り切るモチベーション維持のため、
友人(日本人1名と韓国人1名)と3人でChicagoに行くことにしました。

ChicagoへはここからRichmond空港まで50分、その後フライトが2時間弱なので、お気軽
ながらも大都市を満喫の旅でした。
Oct-8(Chicago)+005_convert_20111016132541.jpg

同級生では、やはり近場のWashingtonDCやNewYorkCityに出かけた人が多かったようです。
では。

Module制度

Class of 2013のShigeです。
今週は11月23日~27日の今日までThanksgivingの休暇でした。

現在Module2ですが、当校はModule3学期制をとっています。
1年生と2年生では授業構成の関係で休みがちょっとだけ違いますが、
おおむね下記です。

1学期:8月後半~11月上旬(10月上旬Fallbreak5日程度)
2学期:11月上旬~2月上旬(11月下旬Thanksgiving休暇+12月・1月冬休み約1か月)
3学期:2月上旬~5月初旬(3月初旬にSpringBreak10日程度)

学期から学期への移行の間に休みがないので私的には気分転換の休みがほしいところです。
そしてModule制は1か月が終わるとMidterm試験、そしてまた1か月後にFinal試験があるので、
あっという間に試験が来ます。これは長い間ためてから試験を受けるほうがいいか、ちょくちょく
やってもらった方がいいか、という個人的好みで分かれると思いますが、ともかくすぐにテストと
いう気持ちにはなると思います。

休みの過ごし方についてはまた別途。では。

Admissionからごあいさつ

Class of 2013のShigeです。
Mason Admissionで皆さんともお会いすることになるAmanda Barthさん(Schoolのみんなの人気者です)から日本人受験生の皆様へメッセージをいただきました。また、連絡先もいただいたので、気になる方はメールなど連絡を取ることも可能です。
---------------------------------------------------------------------------------------

ようこそWilliam & Mary Mason School of Businessへ!

amanda

Thank you for your interest in the Mason School of Business. Over the past several years we have made it a priority in our recruitment travels to bi-annually visit Japan to identify and connect with top quality professionals to joins our prestigious institution and MBA program. It has been a most rewarding experience to travel with our Japan Coordinators (Akira Matsushima and Kathy Matsushima) to Tokyo, Osaka and Kyoto where I have come to cherish the beauty and splendor of Japan and also the amazing culture and gracious hospitality of our alumni, education partners and prospective students.
We retain our sincere commitment to strengthen our already solid international reputation in Japan and we encourage you to give us a serious look in your graduate education search. You won’t find a program more committed to you – our students. Offering personal and professional development, access to senior-level executives, teaching from world-class faculty and opportunities to lead and manage, the Mason School of Business is an excellent choice for your MBA journey and a consistent selection among top Japanese corporations, companies, family businesses and government entities. And, our Mason Community is also strong: ranked #5 by Princeton Review for most family-friendly MBA, #3 for best professors and #2 for best business school facility: it is a prestigious, historic, beautiful, welcoming, family-friendly and academic place for you to immerse yourself in American business culture for two exciting years.
Please feel welcome to contact me directly at any juncture in the admissions process and also to our very supportive current Japanese students and alumni. We also offer personalized visit experiences if you are able to travel to Williamsburg, Virginia and we welcome all guests. We look forward to working with you to find the best fit for your graduate business education.
Kindest regards from the Mason School of Business,
Amanda Barth

Amanda Barth (W&M M.Ed., 2006)
Director of MBA Admissions
Phone: +01-757-221-2944
Email: amanda.barth@mason.wm.edu
Skype: amanda.k.barth

Mason School of Business 日本人学生ブログ立ち上げ

はじめまして、Class of 2013のShigeです。
このたび、Mason School of Business日本人学生によるブログを立ち上げました。
このブログでは、日本人学生(時にはMBAプログラムの運営者やクラスメート)からの最新情報をUploadしていきたいと思っています。

mason


一人でも多くの方に、The college of William and Mary, Mason School of Businessの良さをお伝えし、こちらへ入学する方の一助となれればと思っています。

なお、別途、日本人学生によるホームページも下記よりご覧ください。
http://masonweb.wm.edu/mba-intl/japanWM/
プロフィール

mason.school

Author:mason.school
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
御来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。