スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cuba Trip

2度目の投稿Class of 2014のHashiです。
前回の投稿後、『Blog見たよ』と言うフィードバックを頂き、嬉しく感じております。ありがとうございます!
さて、年末は、流行の風邪でダウンしていましたが、2013年に入って早々、授業の一環で10日間Cubaに行ってきました。

155_convert_20130117161124.jpg

MBA 1年時は、基本科目を履修することになるのですが、休みの時期などを利用して、教授がオーガナイズするstudy abroadの機会がいくつか設けられおり、単位も貰えます。2013年の冬休みは、Cubaの他に、India (企業訪問など)に行った学生もいました。

私が参加しているCubaのプロジェクトは、Focus on Social Issuesとサブタイトルがついていますが、このサブタイトルから分かる様に、CubaにおけるSocial needsを探り、新たなBusinessを提案する Social Entrepreneur 要素の強いプロジェクトです。

026_convert_20130117161531.jpg

Cubaへ行く前の授業では、Social issues/needs を発見するための手法として Design thinkingの練習を行いました。 Cubaでは、有機農業、クリニック、学校、米国大使館やNGO訪問、芸術文化鑑賞(Salsa含む)、また、Local peopleへのInterviewを行いました。Interviewでは、私はスペイン語が話せないので、時にはスペイン語を話せるクラスメイトに通訳してもらうなど、人に助けられることの多い旅でした。Cubaから帰ってきた現在は、BlogエントリーやDiary提出、10日間で得た情報をもとにして、Community Assessment や Social Venture Planの作成に取り組んでいます。そんな課題に追われている最中も、《CubaでSocial Entrepreneurとは ….. はたして?》という、腑に落ちない感覚が残り続けています。

お恥ずかしながら、この授業に参加するまで、Cubaに接した記憶と言えば、ソダバーグ監督の「チェ28歳の革命」「チェ39歳 別れの手紙」を鑑賞していただけと言っても過言ではなく(しかも監督が好きという理由で…)、“熱狂的で、理想を追い求める人々が生活する島”と言う、一方的なイメージを持っていました。しかし、この10日間で(というか到着1日目にして)、私のイメージしたCubaとは違うのかもしれないと感じました。

079_convert_20130117161939.jpg

「第三空間を優雅に生きるキューバ人と接するのは居心地がいい。」と、偶然出会った日本人学生が熱く語ってくれましたが、私も、単純に居心地の良さを感じていました。 (ほんの短い間、異国人として滞在していた身だからかもしれませんが)

189_convert_20130117161734.jpg

そして、何といっても、Cubaは、地理的に、アメリカから近い国のはずですが、とても遠い国だと、改めて気づきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mason.school

Author:mason.school
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
御来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。